介護職の履歴書「封筒」の書き方

介護職の履歴書・職務経歴書の書き方

介護職で使う履歴書が書けたら、封筒に入れて郵送します。採用担当者に手渡しの場合は直接私ます。このとき、履歴書を入れる封筒はどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは介護職の履歴書を入れる「封筒」について解説します

履歴書の封筒について

履歴書を渡す方法にかかわらず、履歴書は必ず封筒に入れます。郵送の場合はともかく、「どうして手渡しの場合も封筒が必要なの?」と感じる方も多いと思います。

しかし、採用の場では「履歴書を封筒に入れて渡すもの」という「常識」がある以上、この規則に従っておくのが無難でしょう(こういうところで意地を張るのはもったいないです)。

特に採用担当者が年配の方の場合、履歴書を封筒に入れていないと「一般常識がない人」という印象を持たれるリスクがあります。そのため、履歴書は封筒に入れて渡すようにしましょう。

封筒の選び方

封筒の色は白色を選びます。

封筒の形はA4の履歴書なら角2号、角型A4号の封筒にします。履歴書はA4とB5がありますが、職務経歴書はA4のため、この2つのサイズのどちらかを選んでおくと良いでしょう。

封筒の表書き・裏書きの書き方(手渡しの場合)

表書き

封筒を手渡しする場合、封筒の表面の左下部分に「履歴書在中」と朱書きします(縦書きです)。

赤色ではっきり書くことで、直接採用担当者(または人事)だけが開封してくれます。とは言うものの、手渡しの場合は採用担当者以外が開封することはないでしょう。

裏書き

裏書きは特に必要ありません(直接渡すため)。

また、採用担当者がすぐに開封できるように封もしません。

封筒の表書き・裏書きの書き方(郵送の場合)

表書き

履歴書を郵送する場合は、表面には以下の項目を記載します(縦書きです)。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 施設名(正式名称)

敬称は、「◯◯株式会社」のように書きます。

採用担当者が分かっている場合は「◯◯様」と書きます。もし、採用担当者が分からない場合は「採用ご担当者様」と書きましょう。

封筒の表面の左下部分に「履歴書在中」と朱書きします。赤色ではっきり書くことで、直接採用担当者(または人事)だけが開封してくれます。

裏書き

裏面には以下の項目(自分のもの)を記載します(縦書きです)。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 氏名

このとき、裏面の左下4分の1に収まるように書くと、見栄えがよくなります。

封をしたら密封マーク「〆」もします。

添え状

履歴書を郵送する場合、「添え状」と呼ばれる書類を添付します。

添え状は「この書類をお送りします」という意味を込めて添える書類です。

履歴書を手渡しする場合、無言ではなく「こちらが履歴書になります」と言うと思います。添え状は郵送時の「その言葉にあたるもの」だと考えましょう。

履歴書を入れる向き

封筒を入れる向きは、履歴書の証明写真と名前の部分が上になるように入れます。

また、履歴書が折れてしまわないようにクリアファイルに入れると良いでしょう。特に郵送時は他の荷物と混ざって折れやすくなっています。クリアファイルは100円均一等で売っています。

封筒の切手の料金

履歴書を郵送する場合、封筒に切手を貼る必要があります。

履歴書に使う封筒(定形外郵便)の料金は以下の通りです。

  • 50g以内:120円
  • 100g以内:140円

参考:国内の料金表(手紙・はがき) – 日本郵便

書類を1枚入れただけでは50gで十分ですが、どうしても心配という方は郵便局に持っていく、または140円分の切手を貼って郵送しましょう。

履歴書の封筒をしっかり準備して、介護職の採用面接に備えましょう。