介護職の面接時の服装はスーツがよい?

介護職の面接対策

介護職の面接に行くとき、服装はスーツか私服のどちらで行くか悩みませんか?

結論から言うと、正社員の場合はスーツ、パートや派遣などの場合は私服でも問題ありません。

ここでは介護職の面接に行くときの服装、とりわけスーツについて解説します。

介護職の面接に普段着で行くのは失礼

正社員はスーツにする

介護職の場合、正社員はスーツを着ます。

ただし、スーツであればなんでも良いのかというとそんなことはありません。第一印象を良くするためには、清潔感のあるスーツを着こなしましょう。

たとえば、ジャケットやスラックス(女性ならスカートの場合もある)はクリーニングに出したものを着ます。シャツはアイロンをかけた白いシャツを着ると清潔感が出るでしょう。

反対にクリーニングに出していないヨレヨレのジャケットやパンツ、アイロンのかかっていないシワだらけのシャツを着ていくと「いい加減な人なのかな」という印象で見られてしまいます。

パートや派遣社員は私服が多い

一方、パートや派遣社員など非正規雇用の場合は私服で面接に臨む方が多くいます。もちろん先方から服装を指定された場合は、それに従いましょう。

また、「私服」や「カジュアル」がOKでも、その受け取り方は企業によって異なります。どのような場合も、Tシャツにジーンズという服装で行くのは控えておきたいところです。

特に、パートやアルバイトの場合、自宅の近くで職を探すことが多いと思います。そのとき、自宅に近いからといって力を抜きすぎた服装で面接に行かないように気をつけましょう。

私服面接はオシャレをする場所ではありません。あくまで清潔感を持った服装が重要です。

面接は、社会人としての常識が問われる場所です。TPOに合わせた服装で臨みましょう。

身だしなみの基本

髪型

寝癖やふけはNGです。女性ならヘアゴムやピンでまとめて、清潔感のある髪型にしましょう。お辞儀をしたときに顔に髪がかからないのがベストです。

男性は短髪で清潔感のある髪型を目指しましょう。

健康的なナチュラルメイクをします。男性はメイクは不可です。

女性はピアスはシンプルなものなら1組まで可能、男性はアクセサリー不可になります。

また、男性はヒゲをきれいに剃りましょう。

服装

黒や紺などダーク系のスーツにします。スーツを着ない場合は、落ち着いた色のジャケットやカーディガンを着ましょう。男性の場合はネクタイを着用します。

スカートは、立ったときに膝が隠れるくらいの長さにします。短すぎるのも長過ぎるのもNGです。

ストッキングは肌色を選びます。

靴はシンプルなミュール、ヒールはNGです。男性は黒の革靴を選びましょう。

第一印象を良くするには笑顔が大切

介護職の面接時の服装は、社会人の常識を持ってスーツで臨むことが大切だと書いてきました。

メラビアンの法則によると、人は55%を視覚情報から判断し、38%を聴覚情報、7%を言語情報から判断することが分かっています。

つまり、これが何を表しているのかというと、「見た目が大切」であるということです。

見た目が大切とは、なにも美人であるという意味ではありません。人に不快感を与えない清潔感のある格好をすることが大切であるという意味です。

また、どんなに良いことを話してもそれは全体の7%しか影響を与えません。

面接でもっとも重要ななのは笑顔です。実際にキャリアカウンセラーに話を聞いても、「敬語は『です・ます』が付いていればいい。あとは笑顔」とお話していました。

そのくらい、何を話すかより笑顔でいることが重要なのです。

面接に臨むときは、清潔な格好、そしてなにより笑顔でいることを心がけましょう。

面接対策が分からないときは転職サイトを使うのもおすすめ

介護職の面接をどのように受けてよいか分からないときは、転職サイトを使うのもよいでしょう。

転職サイトを使うことで、選考を受ける企業がどのような人材を欲しがっているのか(どのような対応をすると採用されやすいか)が手に取るように分かるようになります。

転職活動はひとりで進める必要はありません。転職サイト(人材紹介会社)という強力なパートナーを活用して、有利に介護職の転職活動を進めてください。